【未経験OK】マスメディアンで転職した男が語る、広告業界へ入る方法

お仕事
出典:Unsplash

未経験ですが、広告業界で働きたいと考えています。
転職サイト「マスメディアン」なら、未経験でも転職支援してくれますか?

このブログでは、「広告業界の未経験者が、マスメディアンで転職する方法」をテーマにお話します。

このブログで分かる内容
・マスメディアンは、未経験者でも対応してくれる?
・マスメディアンなら、未経験者でも内定が取れる?
・未経験者がマスメディアンで内定を取る方法

この記事を書いたケンタのプロフィールです♪

・大学卒業から映画関連の仕事に従事
・現在は広告制作会社に勤務
・マスメディアン経由で、2度の転職実績あり

5分くらいで読める内容なので、最後までお付き合いください☆

【安心】マスメディアンは未経験者でも転職支援してくれる

最初に結論からお話しますと、

マスメディアンは広告業界・未経験者でも対応してくれます!

なぜならマスメディアンは、転職支援サイトだからです。

マスメディアンは転職支援の会社

出典:公式サイト

マスメディアンを利用する際、転職者はお金を払う必要がありません

なぜならマスメディアンは、紹介手数料でビジネスをする企業だから。

企業側に人材を紹介し、採用となったら紹介手数料を企業が頂くシステム。

言い方は悪いですが、転職者は「金になる木」みたいなものなんです。

そこに業界経験者なのか、未経験者なのかは関係ありません!

マスメディアンを利用するのに自分から躊躇するなんて、もったいない!

まずは相談してみることが大切です♪

広告業界に特化した転職支援サービスを提供

出典:公式サイト マスメディアン転職支援実績

マスメディアンは、株式会社宣伝会議のグループ会社です。

宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークがあり、求人数が豊富!

これまでに4万人を超える転職支援の実績があります。

業界の最新トレンドを熟知しながら、人材紹介を行っているのですね。

つまり未経験者であっても、内定に導くノウハウが蓄積されているのです!

現に私も実務経験なしの状態から、広告制作会社→Webマーケティング会社へ最終面接まで到達した実績あり☆

最終的に辞退しましたが、エージェントのサポートもあり円滑に転職活動をすることが出来ました。

広告業界を志望するのなら、利用しないのはありえないと思います!

マスメディアン・エージェント制度の詳細はコチラ

転職活動の主役はあなた

Photo by Adi Goldstein on Unsplash

マスメディアンは広告業界・未経験者でも、手厚いサポートを受けることが出来ます。

特に求人紹介や面接設定など、転職者が受け身であってもスムーズに進行してくれてありがたいです。

ただ実際に転職活動をするのは、あなた自身。

受け身な態度は企業に見透かされるので、適切ではありません。

あくまでも自分が主体的に動かないと、経験の有無に関わらず転職は難しいので要注意です!

マスメディアンの無料登録はコチラ

【悲報あり】マスメディアンなら、未経験者でも内定取れる?

結論からお話すると、「未経験者」は基本的に転職にはデメリットです。

未経験者より、経験者を優遇

Photo by Luis Villasmil on Unsplash

どこの業界も同じですが、転職なら未経験者より経験者を積極採用します。

なぜなら未経験者よりも、経験者のほうが即戦力になるからです。

マスメディアンの紹介求人には、「未経験歓迎」や「未経験可」が多数あります。

これは「未経験者でも応募してOK」という意味。

実際の選考では経験者と比べられるので、どうしても不利です^^;

まず「未経験者」は転職ではマイナス、「未経験OK」の求人も不利であることを認識しましょう。

未経験者が有利な求人とは?【営業職・アシスタント職】

Photo by Joel Muniz on Unsplash

未経験者は不利な反面、求人のよっては有利に働く場合もあります。

それはずばり、
・営業職
・アシスタント職
 になります!

広告業界の営業職

営業職は、広告業界に限らず基本的な職種ですよね。

昨今の人手不足も関係して、広告業界では慢性的に営業の人材が不足しています。

これは仕事がキツくて、離職者が耐えないという現実もあります^^;

転職者が何かしらの営業経験があれば、スキルをアピールできるため面接には有利。

マスメディアンなら電通などの大手から中小まで、幅広い企業が営業職の募集をかけています。

業界未経験であれば、誰でも業界に飛び込みやすく手っ取り早い職種です♪

広告業界のアシスタント職

広告業界には、数多くの広告制作会社があります。

モノ作りをしたい人であれば、制作会社のアシスタントから入るのがオススメ!

職種で言うと、
・アシスタントディレクター
・アシスタントプロデューサー
 ですね。

その他の技術スタッフも、基本的に最初はアシスタントからスタート。

誰もが分からないまま入れる仕事なので、スタートとしては最適です。

マスメディアンのプロデューサーやディレクターの求人を見て、思わず応募したくなる気持ちは分かります。

でもそれらの求人は、経験者しか望んでいません!

まずはアシスタントとして経験を積み、「未経験者から脱却」しましょう!

未経験でも、職種によってチャンスあり!

Photo by Belinda Fewings on Unsplash

広告業界に長年いて思うのが、この業界ほど「経験者」を求める業界はありません。

広告業界と言っても狭い世界なので、業界内で人材の移動が激しいです。

必然的に未経験者の入る余地が少なくなりますが、時は人材不足の時代。

人手が足りない企業は数多くあります。

マスメディアンを利用すれば、自分で探すよりも手っ取り早く、簡単に見つかります。

未経験という言葉にビビらず、ピンチをチャンスに変える気持ちを心がけましょう!

【真実】未経験者がマスメディアンで内定を取る方法

ずばり、マスメディアンと連携して転職活動をすることです!

マスメディアンとの連携ポイント
・応募書類の内容を充実させる
・中小企業を中心に応募する
・面接は企業との親和性が重要

応募書類の内容を充実させる

Photo by Scott Graham on Unsplash

転職活動で大事なのは、応募書類の内容を充実させることです。

具体的には、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオですね。

マスメディアンを利用する際、エージェントと面談を行いますが、話の中心は書類内容になります。

書類内容をもとに、転職者の経歴やスキルを見られます。

それは企業側での、書類審査でも一緒。

ここが適当だと、一発アウトですね。

マスメディアンなら、内容に不備があればエージェントが的確に指導してくれます。

どんな内容なら、広告業界の採用担当の目にとまるのか?

その視点で書類を添削してくれるので、書類内容に自信のない人でも安心です。

応募書類のクオリティが高ければ、大手の求人に応募しても審査をパスすることが出来ますよ♪

中小企業を中心に応募する

Photo by S O C I A L . C U T on Unsplash

未経験者であれば、大手企業より中小企業で働くのをオススメします。

理由として、
・未経験者を受け入れやすい環境
・様々な仕事に携われる

中小企業は大手企業よりも、未経験者に寛容です。

大手だと応募者も多いため、未経験者は書類審査で落とされがち

でも中小企業なら、応募者数もそこそこなので、書類審査が通過しやすいです。

また実際に働く場合、大手よりも中小のほうが幅広い仕事を経験できます。

なぜなら中小企業は人手不足なところが多く、一人あたりの仕事量が必然的に増えるためです。

マスメディアンなら、広告業界の隅々までネットワークがあるため、求人数が豊富。

募集企業が多いのはもちろん、募集職種も多岐に及びます。

繰り返しですが、まずは「未経験者」から脱することが大事!

マスメディアンから毎日のように求人紹介があります。

ワンクリックで応募できるので、積極的に活動しましょう!

面接は企業との親和性が重要

Photo by Daniele Levis Pelusi on Unsplash

面接では、転職者のスキルとマインドが、企業とマッチしているかを見られます。

自分がどの部分で、その企業とマッチして働きたいと思ったのか。

明確に説明できようにしましょう。

ストーリーのように説明できないと、面接でボロが出てしまいます^^;

ここで重要なのは志望動機

志望動機を作っても、考え方が企業とマッチしているか不安になりますよね。

そんな時は、マスメディアンのエージェントに相談すればよいです。

転職のプロからの視点で、客観的にアドバイスを頂けます。

エージェントは企業ごとに専任の方がいらっしゃいます。

私の経験上、どの方も親身になって相談に乗ってくれたり、面接に同席してくれたりします。

エージェント制度は利用してデメリット無し。

効率的に転職活動をするなら、外せないサービスですよ!

【結論】マスメディアンなら未経験者でも内定を取れる!

広告業界・未経験者こそ、マスメディアンを利用してもらいたいです。

個人的には、今すぐ登録して利用することをオススメします!

マスメディアンの無料登録はコチラ

今すぐ登録が必要な理由
・無料で利用できる
・忙しいと転職活動できない
・良い求人が無くなってしまう

無料で利用できる

Photo by Mike Kenneally on Unsplash

マスメディアンの転職サービスは、すべて無料です。

やることは個別相談会へ参加すること。

あとは優良求人を紹介してもらえるため、登録して損することはありません。

履歴書や職務経歴書に不安があるのなら、直接相談したら良いと思います。

どのように書いたら良いかアドバイスしてくれるので、1人で準備するより楽ですよ♪

忙しいと転職活動できない

Photo by mauro mora on Unsplash

広告・エンタメ業界は、1年間忙しい業界です。

今は落ち着いていても、急に忙しくなり転職どころでは無くなってしまうこともあります。

忙しすぎると、転職したくても面倒くさくなる気持ちが強くなってきます

実際に私がそうで、仕事に忙殺され働きながら転職活動をするのが困難でした。

1度、登録しておけば、基本的にいつでも転職サービスを受けることが出来ます。

まずは5分くらいで終わる、Web登録からやってみてはいかがでしょうか^_^

良い求人が無くなってしまう

Photo by Unsplash on Unsplash

マスメディアンには、4万人超の転職支援の実績があります。

優良求人は早いもの勝ち。

のんびりしていると第1希望の求人を取られてしまいます。

悔しい思いをしたくないのなら、早めの行動を心がけましょう!

転職サイト「マスメディアン」の無料登録ページはコチラ

【反論】評判から紐解くマスメディアンの有効活用

私がマスメディアンを利用する前、こんなことを思いました。

・マスメディアンと他の転職サイト、どちらを利用しよう?

・本気で転職活動する時に、登録すれば良いかな?

【オススメ】求人は多角的に集めよう

Photo by Christin Hume on Unsplash

マスメディアンの悪い評判に、下記の内容があります

・広告、エンタメ業界以外への転職には向いていない

マスメディアンは広告、エンタメ業界に特化した、転職サイトです。

でも他業界の求人も見たい・比べたいって気持ちもありますよね。

そんな時は、転職サイトを併用して利用してみてください。

併用することで、求人の幅が広がり選択肢が増えるからです。

その際、一般的な転職サイト+特化型の転職サイト

2サイトを利用するのをオススメします。

一般的な転職サイトはいくつもありますが、登録しすぎると管理が面倒くさいです。

2つの専門性が異なる転職サイトを利用したほうが、効率的です。

併用するならリクルートがベスト

出典:公式サイト

一般的な転職サイトなら、リクルートを利用するのが間違いありません。

なぜなら、日本最大級の求人サイトだからです。

一般的に認知度も高く、転職者も企業もほとんどが利用しています。

私もリクルートとマスメディアンを併用していました。

お互い求人が被ることもありますが、中には掘り出し物もあって便利です。

求人だけチェック・応募したい人は、リクナビNEXTがオススメ。

マスメディアンと同じように転職支援を受けたい人は、リクルートエージェントがオススメです。

ちなみに同時登録サービスも行っています。

気になる人は、登録だけでもしておきましょう♪

広告・エンタメ業界を志望するなら、マスメディアンは最強

広告・エンタメ業界を志す人にとって、マスメディアンはピカイチの転職サイトです。

今の時代、転職は当たり前です。

今じゃなくても、いつか必ず考える時期がきます。

特に広告・エンタメ業界は、転職しないと待遇改善やスキルアップがしづらい業界です。

少しでも気になる求人情報をストックしておく。

それだけでも「転職という選択肢」が出来て、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

マスメディアンは登録してもサービス無料

あなたの希望にあった求人や転職ノウハウを教えてもらうことが出来ます。

今は転職できなくても、登録しておくべき転職サイトとして間違いありません!

まとめ:未経験をチャンスに、マスメディアンで広告業界デビューしよう!

・マスメディアンは、広告業界の未経験者にも対応

・転職支援が充実、内定が取れる仕組みあり

・登録や面談は無料、利用して損なし!

私はマスメディアンで、2度も転職を成功させています。

転職できないってことはないので、安心して利用してみてください^_^

以上になります。
がんばってください♪

※このブログは2020年4月30日時点でのサービスに基づいて作成しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました