【必読】マスメディアンのエージェント制度って良い?【転職成功者が語る実態】

未分類
出典:Unsplash

転職サイト「マスメディアン」のエージェント制度って、評判良いですか?
本当に転職できるのか気になります。

このブログでは、「マスメディアンのエージェント制度」をテーマにお話します。

このブログで分かる内容
・マスメディアンのエージェント制度の中味
・マスメディアンのエージェント制度を利用した感想
・マスメディアンのエージェント制度で転職する方法

この記事を書いたケンタのプロフィールです♪

・大学卒業から映画関連の仕事に従事
・現在は広告制作会社に勤務
・マスメディアン経由で、2度の転職実績あり

5分くらいで読める内容なので、最後までお付き合いください☆

マスメディアンのエージェント制度とは?

最初に結論からお話すると、

マスメディアンのエージェント制度を利用すれば、広告業界に転職できます!

なぜなら私がマスメディアンで2度、転職を成功させているからです♪

まずマスメディアンのエージェント制度とは、どのようなサービスなのか解説します。

マスメディアンの評判・登録方法を知りたい方はコチラ

マスメディアンのエージェント制度

ずばり、転職者と広告系企業の間をつないでくれる制度です。

マスメディアンにはエージェント=企業担当者がおり、転職者の希望に沿って求人紹介してくれます。

エージェントが対応してくれること
・転職相談
・履歴書などの作成アドバイス
・面接アドバイス&同席
・条件面の調整・交渉

転職相談

Photo by NeONBRAND on Unsplash

Web登録後に、マスメディアンオフィスでエージェントと面談が行われます。

面談では、転職理由・希望内容・転職アドバイス・求人紹介があります。

それまでの自分の経歴を振り返りながら、今後、どのように転職活動をしていけば良いか?

懇切丁寧に相談にのってもらえます!

履歴書などの作成アドバイス

Photo by Amy Hirschi on Unsplash

転職活動に必要になる、履歴書・職務経歴書。

どのような内容で書けば良いのか、的確なアドバイスを頂けます。

アドバイスは面談時にもありますし、メールや電話でも対応してくれます。

また広告業界では、ポートフォリオの提出を求められますよね。

ポートフォリオにも対応してくれるので、書類作成に困っている人には便利です。

面接アドバイス&同席

Photo by Tim Gouw on Unsplash

面接が決まったら、過去の面接内容をもとに想定質問を教えてくれます。

過去の傾向が分かるので、事前に対策ができるのはありがたいですね。

また面接時に、エージェントが同席してくれる事があります。

面接直前に最終のアドバイスがもらえますし、1人じゃないと心強く感じられます♪

条件面の調整・交渉

Photo by Johanna Buguet on Unsplash

内定を頂けたら、給与や入社日などの条件交渉が始まります。

正直、自分でやるって立場が弱いからやりづらいですよね^^;

デリケートな交渉ごとを、エージェントが一手に対応してくれます。

基本的に仲介に入って交渉ごとを取りまとめてくれるため、転職者の負担は低いです。

無料でサービスを利用できる

今までお話した、面談~条件交渉まで全て無料!

転職者がお金を支払うことは一度もありません。

ちなみに私もお金を払ったことは一度もなく、なぜ無料なのか面談時に説明がありました。

マスメディアンの無料登録はコチラ

【メリット】マスメディアンのエージェント制度

マスメディアン・エージェント制度を利用した際に感じたメリットをお話します。

面談が丁寧

Photo by Leon Dewiwje on Unsplash

最初の面談ですが、話しやすい方で対応が丁寧でした。

少し緊張しましたが、広告業界の話題で話が弾むこともあり、安心感がありましたね。

今思えば、マスメディアンは広告業界に特化した転職サイト

他の転職サイトより広告業界に精通しているため、広告業界にいた私としては話が合うことが多かったです♪

エージェントは、広告・Web・マスコミの専門職種に精通した人。

志望内容に合わせたアドバイスをしてくれるため、転職の視野が広がりましたね!

紹介求人が多い

出典:公式サイト マスメディアン紹介実績

マスメディアンとの面談が終わったら、求人紹介が始まります。

この求人紹介が毎日のようにあるため、求人が少ないと思ったことはありませんでした。

面談で希望内容を明確に伝えていたため、余計な求人を紹介されることもありませんでした。

これはマスメディアンが、宣伝会議グループだから。

広告業界の細部までネットワークがあるため、大手から中小まで求人が豊富でした!

押し付けがましくない

Photo by Sebastian Herrmann on Unsplash

エージェント制度の悪評として有名なのが、
・エージェントからの連絡がしつこい
・希望していない求人を強要してくる

ストレスになるほど連絡が多く、相手をするのも嫌になってしまう。

就職させようと、希望もしてない企業に転職を求めてくる。

エージェント制度の利用者にはよくある話ですが、マスメディアンではありませんでした。

連絡は基本的にメールのみ。

電話はめったにないため、ストレスに感じることはありません。

エージェントの印象として、皆さんサバサバしていますね。

人間関係に悩むようなことはないので、安心してください!

【デメリット】マスメディアンのエージェント制度

企業へのプッシュが弱い?

企業とも面接後に、エージェントに志望度が高いor低いの報告を求められます。

高いならエージェントからプッシュしてもらい、低いなら辞退ですね。

それで言うと、私がプッシュをお願いしても、選考通過出来なかったことがありました。

まぁ企業側の判断が第一なので、いくらエージェントが交渉してもダメなものはダメ^^;

エージェント制度を利用したからと言って、転職は難しいと痛感したエピソードでした。

Photo by Bethany Legg on Unsplash

広告業界以外の求人紹介はない

当たり前ですが、マスメディアンでは広告業界以外の求人紹介はありません

一般的な転職サイトと異なり、広告業界に特化しているため。

そのため、広告業界以外も気になる人には不向きかもしれません。

【オススメ】マスメディアン・エージェント制度の活用法

これを読んでいる方は、転職を成功させることが目標ですよね?

そこで私が実践した、有効なマスメディアン・エージェント制度の活用法を教えます。

・面談で希望をちゃんと伝える
・エージェントとマメに連絡を取る

面談で希望をちゃんと伝える

Photo by KOBU Agency on Unsplash

最初に行う面談は、マスメディアンのエージェント制度を利用する上で重要です。

なぜならエージェントに直接、自分のキャリアや希望を伝えられる場だから。

あなたがこれまでどのようなキャリアを積み、今後はどのように成長したいのか?

あなたの想いをエージェントがくみ取り、客観的に評価をしてくれます。

逆に自分の想いがブレている・まとまっていないと、的確なアドバイスを受けられません。

どのようなキャリアプランを考えているのか。

面談前に用意しておきましょう!

エージェントとマメに連絡を取る

Photo by Lauren Mancke on Unsplash

転職活動中は、マスメディアンのエージェントと小まめに連絡を取りましょう。

なぜなら、優良求人を紹介してもらえるチャンスがあるから。

求人は定期的に紹介されますが、中には紹介してほしい求人がズレている場合もあります。

その時は、自分の希望を伝えて軌道修正をする。

そうしないと、お互いが時間を無駄にします。

またエージェント側も、転職者がやる気を見せないと的確な支援はしづらいです。

基本的に転職は人間関係で成り立っています。

自分からアクションを起こし、少しでも転職活動を効率的に進めましょう!

【不安でもOK】そのためのマスメディアン・エージェント制度

Photo by Christian Erfurt on Unsplash

キャリアプランをどう考えたらいいか分からない!

そう思う人がほとんどだと思います。

とりあえず、その状態でも大丈夫です!

まずは相談ベースで、面談に参加してみてください。

転職活動は自分ひとりでやるよりも、誰かを巻き込んでやったほうが絶対に上手くいきます。

なぜなら、転職のプロがあなたの味方になってくれるから。

企業と孤独に戦うよりも、プロの後押しがあったほうが気持ち的に楽ですよね。

転職は体力勝負なので、いかに楽して取り組めるかが重要になってきます。

楽をする上で、エージェント制度ほど便利なものはありません!

自分の視野が広がるキッカケにもなるので、利用しないのはモッタイナイですよ♪

【結論】マスメディアン・エージェント制度を活用して損なし

マスメディアン・エージェント制度について語りましたが、基本的に優良なサービスです。

個人的には、今すぐ登録して利用することをオススメします!

マスメディアンの無料登録はコチラ

今すぐ登録が必要な理由
・無料で利用できる
・忙しいと転職活動できない
・良い求人が無くなってしまう

無料で利用できる

Photo by Mike Kenneally on Unsplash

マスメディアンの転職サービスは、すべて無料です。

やることは個別相談会へ参加すること。

あとは優良求人を紹介してもらえるため、登録して損することはありません。

履歴書や職務経歴書に不安があるのなら、直接相談したら良いと思います。

どのように書いたら良いかアドバイスしてくれるので、1人で準備するより楽ですよ♪

忙しいと転職活動できない

Photo by mauro mora on Unsplash

広告・エンタメ業界は、1年間忙しい業界です。

今は落ち着いていても、急に忙しくなり転職どころでは無くなってしまうこともあります。

忙しすぎると、転職したくても面倒くさくなる気持ちが強くなってきます

実際に私がそうで、仕事に忙殺され働きながら転職活動をするのが困難でした。

1度、登録しておけば、基本的にいつでも転職サービスを受けることが出来ます。

まずは5分くらいで終わる、Web登録からやってみてはいかがでしょうか^_^

良い求人が無くなってしまう

Photo by Unsplash on Unsplash

マスメディアンには、4万人超の転職支援の実績があります。

優良求人は早いもの勝ち。

のんびりしていると第1希望の求人を取られてしまいます。

悔しい思いをしたくないのなら、早めの行動を心がけましょう!

転職サイト「マスメディアン」の無料登録ページはコチラ

【反論】評判から紐解くマスメディアンの有効活用

私がマスメディアンを利用する前、こんなことを思いました。

・マスメディアンと他の転職サイト、どちらを利用しよう?

・本気で転職活動する時に、登録すれば良いかな?

【オススメ】求人は多角的に集めよう

Photo by Christin Hume on Unsplash

マスメディアンの悪い評判に、下記の内容があります

・広告、エンタメ業界以外への転職には向いていない

マスメディアンは広告、エンタメ業界に特化した、転職サイトです。

でも他業界の求人も見たい・比べたいって気持ちもありますよね。

そんな時は、転職サイトを併用して利用してみてください。

併用することで、求人の幅が広がり選択肢が増えるからです。

その際、一般的な転職サイト+特化型の転職サイト

2サイトを利用するのをオススメします。

一般的な転職サイトはいくつもありますが、登録しすぎると管理が面倒くさいです。

2つの専門性が異なる転職サイトを利用したほうが、効率的です。

併用するならリクルートがベスト

出典:公式サイト

一般的な転職サイトなら、リクルートを利用するのが間違いありません。

なぜなら、日本最大級の求人サイトだからです。

一般的に認知度も高く、転職者も企業もほとんどが利用しています。

私もリクルートとマスメディアンを併用していました。

お互い求人が被ることもありますが、中には掘り出し物もあって便利です。

求人だけチェック・応募したい人は、リクナビNEXTがオススメ。

マスメディアンと同じように転職支援を受けたい人は、リクルートエージェントがオススメです。

ちなみに同時登録サービスも行っています。

気になる人は、登録だけでもしておきましょう♪

広告・エンタメ業界を志望するなら、マスメディアンは最強

広告・エンタメ業界を志す人にとって、マスメディアンはピカイチの転職サイトです。

今の時代、転職は当たり前です。

今じゃなくても、いつか必ず考える時期がきます。

特に広告・エンタメ業界は、転職しないと待遇改善やスキルアップがしづらい業界です。

少しでも気になる求人情報をストックしておく。

それだけでも「転職という選択肢」が出来て、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

マスメディアンは登録してもサービス無料

あなたの希望にあった求人や転職ノウハウを教えてもらうことが出来ます。

今は転職できなくても、登録しておくべき転職サイトとして間違いありません!

まとめ:マスメディアン・エージェント制度を使わないのはモッタイナイ!

エージェント制度とは、転職者と企業をつなぐサービス

・自分からエージェントに発信するのがベスト

・登録や面談は無料、利用して損なし!

私はマスメディアンで、2度も転職を成功させています。

転職できないってことはないので、安心して利用してみてください^_^

以上になります。がんばってください♪

マスメディアンの無料登録はコチラ

※このブログは2020年4月20日時点でのサービスに基づいて作成しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました