【転職できた!】マスメディアンの評判と、メリット・デメリットを解説

お仕事
出典:Unsplash

求人サイト「マスメディアン」を利用しようか迷っています。

エンタメ業界や広告業界で働きたいですが、本当に転職出来るのでしょうか?
「マスメディアン」の利用者や、世間の評判を知りたいです

このブログでは、「マスメディアンの評判」をテーマにお話します。

このブログの内容
・マスメディアンってこんな会社
・マスメディアンの口コミ、評判
・マスメディアンのメリット、デメリット

この記事を書いたケンタのプロフィールです♪

・大学卒業から映画関連の仕事に従事
・現在は広告制作会社に勤務
・マスメディアン経由で、2度の転職実績あり

5分くらいで読める内容なので、最後までお付き合いください☆

【マスメディアンとは?】広告・エンタメ業界の転職に強いと評判

最初に結論からお話すると、

マスメディアンを利用することで、広告・エンタメ業界は可能です!

なぜならマスメディアンは、

・広告、エンタメ業界に特化した、専門性の高い求人サイト

・私自身が2度も、マスメディアン経由で転職をしている からです!

マスメディアンとは?

60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社。

宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議など、クリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行しています。

マスメディアンの特長
・広告、エンタメ業界に特化した求人紹介
・充実した転職サポート体制
・完全無料

広告、エンタメ業界に特化した求人紹介

Photo by Charles Koh on Unsplash

マスメディアンは「宣伝会議」での人脈を活かし、転職支援を行っています。

具体的に求人紹介している企業は、多種多様。

・大手広告会社
・デザイン制作会社
・映像制作会社(実写、3DCGなど)
・Web制作会社
・Webマーケティング会社
・PR会社
・テレビ局 等

雇用形態も、派遣社員から正社員まで様々あります。

また会社規模も大手からベンチャーまであり、転職者の意向で色んな会社を選ぶことができます。

充実した転職サポート体制

Photo by Chris Liverani on Unsplash

転職までの流れはコチラ

マスメディアン公式サイトで登録

マスメディアン・オフィスで個別相談会

求人紹介(メール、専門サイト)

書類選考・面接

内定

最初はまず、マスメディアン公式サイトでWeb登録。

5分くらいで終わる内容です。

Web登録後にマスメディアン事務局から、個別相談会の案内メールが来ます。

個別相談会とは、マスメディアン担当者と転職者が、職歴や希望職種をもとに転職の方向性を決める面談です。

基本的に1対1の形式で、私は男性担当者でした。

相談会の前にやることが3つ
・マスメディアン指定のキャリアシート作成
・履歴書、職務経歴書の提出
・(職種に応じて)ポートフォリオの提出

キャリアシートは基本的に、履歴書の内容を指定フォーマットに入力する内容です。

この資料がないと面談しづらいし、求人応募も出来ないので作成は必須ですね。

個別相談会の会場は、私は東京・表参道にあるマスメディアン本社でした。

会場は全国各地で受け付けているようです。

相談会は重要

Photo by Christina @ wocintechchat.com on Unsplash

相談会は結構大事です。

なぜなら転職者のこれまでの職歴、今後の希望を直接伝えられる場だから。

転職のプロから、キャリアプランのアドバイスを受けられるし、応募書類の添削もしてくれます。

自分の理想と現実をジャッジしてもらえる場なので、受けて損はない相談会だと思います。

書類選考・面接

Photo by Sebastian Herrmann on Unsplash

相談会が終わったら、マスメディアンから求人紹介が始まります。

求人紹介は会員専用サイトから選べたり、担当者から直接メールで紹介されたりします。

求人応募は基本的にワンクリックなので簡単です。

企業によっては、事前にポートフォリオや志望動機の提出を求められます。

書類選考を通過したら、面接になります。

面接は企業によりますが2~3回程度ですね。

企業によってマスメディアンの企業担当者が、面接に同席することがあります。

私も何度かありますが、ちょっと緊張します^^;

事前に面接官の特長や、過去の質問内容を教えてくれるので心強かったです。

無事、内定となれば就業条件をマスメディアンが仲介して取りまとめ、転職活動終了となります。

完全無料なサービス

出典:公式サイト

以上が転職フローですが、転職者は全てのサービスを無料で利用することが出来ます。

なぜなら、マスメディアンは企業から紹介手数料を取るビジネスモデルだから。

転職者が内定を取らないと、マスメディアンも商売上がったりなわけですね。

マスメディアンの口コミ・評判

マスメディアンの世間の評判はコチラ

マスメディアンの良い評判
・広告、エンタメ業界に強い
・サポート体制が手厚い
・宣伝会議グループだから安心感がある

マスメディアンの悪い評判
・首都圏や都市以外の求人は少なめ
・担当者の提案力にバラツキがある
・広告、エンタメ業界以外の転職に不向き

広告、エンタメ業界への専門性に高い評判

出典:公式サイト

マスメディアンは特定の業界に絞って求人紹介する、特化型の転職サイト

あらゆる業界の求人を紹介している転職サイトとは、専門性のレベルが違います。

それは宣伝会議グループが運営する転職サイトだから。

母体が業界の隅々まで浸透し安定しているからだと思われます。

サポート体制も通常の転職サポートに合わせて、広告、エンタメ業界を熟知しています。

ポートフォリオの見せ方・履歴書の書き方など、不安になるポイントに的確なアドバイスをしてくれます。

求人の偏りや担当者の提案レベルが低評判なのは仕方ない?

Photo by Raphael Lovaski on Unsplash

「首都圏や都市以外の求人は少なめ」には理由があります。

広告、エンタメの仕事が大都市圏に集中しているからです。

私もこの業界で働いていますが、基本的に本社・支社は大都市圏に多いです。

人を大都市圏から地方に派遣して仕事をするのは当たり前。

これは広告、エンタメ業界に限ったことではありません。

マスメディアンの弱みではない、業界の特長だから仕方ないのです。

さらに担当者のレベルですが、これもマスメディアンに限らず転職サイトあるある話。

またマスメディアンは特化型の転職サイトであるから、他業界の求人を求めるのはナンセンスです。

【評判通り】マスメディアンのメリット・デメリット

マスメディアンのメリット
・サポート体制が充実
・求人が特化していて選びやすい
・マスメディアン限定の求人がある

マスメディアンのデメリット
・個別相談会に行くのが面倒
・求人サイトが使いづらい

マスメディアンのメリット:専門性

出典:公式サイト

私がマスメディアンに感じたメリットは評判通り。

広告・エンタメ業界に専門的な転職ノウハウと、人脈があることです。

多くの転職サイトは様々な業界の求人を網羅している。

実際にマスメディアンと他の転職サイトで、求人内容が丸かぶりなことがありました。

でもマスメディアンのメリットは、普通の転職サイトでは紹介されない求人があること!

広告・エンタメ業界は大企業より中小企業のほうが、企業数が多いです。

中小企業であっても、有名作品を手掛けていることがあり、やりがいある仕事が可能。

マスメディアンと緊密に連携することで、優良求人を紹介してもらえるようになります。

広告・エンタメ業界を目指す人なら、登録して損はないし、むしろ必須だと思います。

マスメディアンのデメリット:求人サイト・あるある話

Photo by Tom Pumford on Unsplash

マスメディアンのデメリットは、個別相談会の相談と、求人管理が面倒なこと。

個別相談会は基本的に、オフィスに行かないといけません。

初対面の人に相談することが苦手な人には、ハードル高いかもしれません。

遠方に住んでいたら、そもそも行くのが大変。

電話面談もできますので、相談しても良いかもしれません。

またマスメディアンには会員専用サイトがあります。

専用サイトに求人が掲載され、メールでも個別に求人紹介があります。

基本的に毎日のように紹介メールが届くため、求人を見落としやすいです。

以前にメールで紹介された求人が、専用サイトに掲載が漏れていました。

定期的にチェックしていないと、せっかくの求人を逃すことになります。

相談会や求人管理の面倒さは、どこの求人サイトでも良くあること。

相談会だけでも、マジメに参加することをオススメします。

【評判OK】マスメディアンは登録して損なし

マスメディアンの評判と私の体験談を語りましたが、基本的に優良求人サイトです。

個人的には、今すぐ登録することをオススメします!

今すぐ登録が必要な理由
・無料で利用できる
・忙しいと転職活動できない
・良い求人が無くなってしまう

無料で利用できる

Photo by Mike Kenneally on Unsplash

マスメディアンの転職サービスは、すべて無料です。

やることは個別相談会へ参加すること。

あとは優良求人を紹介してもらえるため、登録して損することはありません。

履歴書や職務経歴書に不安があるのなら、直接相談したら良いと思います。

どのように書いたら良いかアドバイスしてくれるので、1人で準備するより楽ですよ♪

忙しいと転職活動できない

Photo by mauro mora on Unsplash

広告・エンタメ業界は、1年間忙しい業界です。

今は落ち着いていても、急に忙しくなり転職どころでは無くなってしまうこともあります。

忙しすぎると、転職したくても面倒くさくなる気持ちが強くなってきます

実際に私がそうで、仕事に忙殺され働きながら転職活動をするのが困難でした。

1度、登録しておけば、基本的にいつでも転職サービスを受けることが出来ます。

まずは5分くらいで終わる、Web登録からやってみてはいかがでしょうか^_^

良い求人が無くなってしまう

Photo by Unsplash on Unsplash

マスメディアンには、4万人超の転職支援の実績があります。

優良求人は早いもの勝ち。

のんびりしていると第1希望の求人を取られてしまいます。

悔しい思いをしたくないのなら、早めの行動を心がけましょう!

転職サイト「マスメディアン」の無料登録ページはコチラ

【反論】評判から紐解くマスメディアンの有効活用

私がマスメディアンを利用する前、こんなことを思いました。

・マスメディアンと他の転職サイト、どちらを利用しよう?

・本気で転職活動する時に、登録すれば良いかな?

【オススメ】求人は多角的に集めよう

Photo by Christin Hume on Unsplash

マスメディアンの悪い評判に、下記の内容があります

・広告、エンタメ業界以外への転職には向いていない

マスメディアンは広告、エンタメ業界に特化した、転職サイトです。

でも他業界の求人も見たい・比べたいって気持ちもありますよね。

そんな時は、転職サイトを併用して利用してみてください。

併用することで、求人の幅が広がり選択肢が増えるからです。

その際、一般的な転職サイト+特化型の転職サイト

2サイトを利用するのをオススメします。

一般的な転職サイトはいくつもありますが、登録しすぎると管理が面倒くさいです。

2つの専門性が異なる転職サイトを利用したほうが、効率的です。

併用するならリクルートがベスト

出典:公式サイト

一般的な転職サイトなら、リクルートを利用するのが間違いありません。

なぜなら、日本最大級の求人サイトだからです。

一般的に認知度も高く、転職者も企業もほとんどが利用しています。

私もリクルートとマスメディアンを併用していました。

お互い求人が被ることもありますが、中には掘り出し物もあって便利です。

求人だけチェック・応募したい人は、リクナビNEXTがオススメ。

マスメディアンと同じように転職支援を受けたい人は、リクルートエージェントがオススメです。

ちなみに同時登録サービスも行っています。

気になる人は、登録だけでもしておきましょう♪

広告・エンタメ業界を志望するなら、マスメディアンは最強

広告・エンタメ業界を志す人にとって、マスメディアンはピカイチの転職サイトです。

今の時代、転職は当たり前です。

今じゃなくても、いつか必ず考える時期がきます。

特に広告・エンタメ業界は、転職しないと待遇改善やスキルアップがしづらい業界です。

少しでも気になる求人情報をストックしておく。

それだけでも「転職という選択肢」が出来て、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

マスメディアンは登録してもサービス無料

あなたの希望にあった求人や転職ノウハウを教えてもらうことが出来ます。

今は転職できなくても、登録しておくべき転職サイトとして間違いありません!

まとめ:【評判良し】少しでもマスメディアンが気になるなら登録しよう

・宣伝会議が運営の転職サイトだから安心
・全て無料でサービスを利用することができる
・マスメディアンを利用するメリットは大きい
・他サイトと併用して、効率的に転職活動しよう

私はマスメディアンで、2度も転職を成功させています。

転職できないってことはないので、安心して利用してみてください^_^

以上になります。

がんばってください♪

※このブログは2020年3月26日時点でのサービスに基づいて作成しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました