【感想】映画『Fukushima 50』のレビューと、おトクに観られる動画配信サービスをご紹介

日本映画
出典:映画.com

映画『Fukushima 50』を観ました!

この映画は2020年に公開された日本映画。

2011年に発生した東日本大震災・福島第一原発事故を題材にしたヒューマンドラマです。

試写会にて鑑賞

このブログの内容
・映画『Fukushima 50』のレビュー
・映画『Fukushima 50』のあらすじ、予告をご紹介
・映画『Fukushima 50』を無料で見る方法

ちなみに動画配信サイトのオススメは「U-NEXT」です!

今回は、映画『Fukushima 50』をのレビューや、関連情報をまとめました!

5分くらいで読める内容なので、最後までお付き合いください☆

映画『Fukushima 50』のあらすじ

出典:映画.com

マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。

1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。

官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。それは東日本の壊滅を意味していた。

残された方法は“ベント”。いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。皆、避難所に残した家族を心配しながら―(映画.comより

映画『Fukushima 50』の予告編

映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)予告編

映画『Fukushima 50』のスタッフ

役職/氏名
・監督:若松節朗
・脚本:前川洋一
・製作代表:角川歴彦
・特撮・VFX監督:三池敏夫
・音楽:岩代太郎

監督・若松節朗のプロフィール

出典:映画.com

日大芸術学部卒業後、TVドラマのAD、演出補を経て、共同テレビジョンに入社。「振り返れば奴がいる」(93)、「それが答えだ!」(97)、「やまとなでしこ」(00)など数多くの人気ドラマの演出を手がける。映画監督として『ホワイトアウト』(00)、『沈まぬ太陽』(09)で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。その他の映画監督作は『COMPLEX BLUE』(94)、『子宮の記憶 ここにあなたがいる』(06)、『夜明けの街で』(11)、『柘榴坂の仇討』(14)、『空母いぶき』(19)。監督を務めた主なドラマは「弟」(04)、「救命病棟24時」「熟年離婚」(05)、「石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」(17)など。「地球の王様」(12)では舞台の演出を手がけた。(公式サイトより

映画『Fukushima 50』のキャスト

役名/氏名
・伊崎利夫:佐藤浩市
・吉田昌郎:渡辺謙
・前田拓実:吉岡秀隆
・浅野真理:安田成美
・野尻庄一:緒形直人
・大森久夫:火野正平
・平山茂:平田満
・井川和夫:萩原聖人
・伊崎遥香:吉岡里帆
・滝沢大:斎藤工
・伊崎智子:富田靖子
・内閣総理大臣:佐野史郎

映画『Fukushima 50』の原作

created by Rinker
KADOKAWA
¥924 (2020/04/07 11:42:22時点 Amazon調べ-詳細)

原作は『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』。

原作者はノンフィクションライターの門田隆将氏です。

元週刊新潮の編集者。

現在は独立して、作家・ジャーナリストで活動されています。

手掛けた題材は、オウム事件や光市母子殺害事件などなど。

社会に衝撃を与えた事件の真相をするどく描いた本を、多数執筆しています。

そんな門田氏が原発事故を題材にした作品。

事故の当事者に門田氏が直接取材し、真実に迫る内容になっています。

合わせて事故後に起きた、原発事故をめぐる誤報などのメディア問題。

その真相を描いた『「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実』もオススメです。

「福島第一原発事故」を深く理解することができる名著です!

created by Rinker
¥1,430 (2020/04/07 11:50:24時点 Amazon調べ-詳細)

映画『Fukushima 50』の主題歌

映画『Fukushima 50』に主題歌はありません。

音楽は岩代太郎が担当。

岩代は映画では『レッドクリフ』『殺人の追憶』などの海外作品。

テレビでは、NHK大河ドラマ『義経』『葵・徳川三代』。

他にもアニメ・舞台など幅広いジャンルを手掛けてきた、人気音楽家です。

今作では、
映画音楽初となる世界的ヴァイオリニスト・五嶋龍
日本を代表するチェリスト・長谷川陽子 が共演。

壮大な音楽を東京フィルハーモニー交響楽団が奏でます。

created by Rinker
¥2,750 (2020/04/07 14:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

【ネタバレ無し】映画『Fukushima 50』の感想

映画『Fukushima 50』を観た感想です!

原発事故の全容が分かる骨太なストーリー

出典:映画.com

映画『Fukushima 50』は、福島第一原発事故を現場の目線から描いています。

9年前の出来事なので、当時のことを覚えている人も多いはず。

事故によって東京電力は厳しい批判にさらされました。

今作の登場人物は、ほぼ東電の人間達です。

当然、批判的に観る人も多いですよね。

でも今作は福島第一原発にいた東電職員がいなければ、もっと悲惨なことになっていた。

彼らの頑張りにスポットを当てられることで、事故の内情に迫る内容になっています。

これまでNHK等でドキュメントが描かれることはありました。

しかし今作ほど事故の当事者を描いた作品はありません。

ある意味、初めて原発事故を正面から描いた、今までにない問題作です!

菅直人など、キャストは実在した人物がモデル

出典:映画.com

映画『Fukushima 50』は9年前の実話が題材。

9年前なので、事故の当事者は存命の方ばかりです。

まだ生々しい内容だからか、今作の登場人物は仮名、団体名は創作されています。

でも肩書きを読むだけで、事故の当事者を含め、何を指しているのか分かる内容。

例えば「東京電力」は「東都電力」に会社名が変更。

佐野史郎が演じる「総理大臣役」に役名はありませんが、モデルは「菅直人」

段田安則が演じる「東都電力フェロー・竹丸吾郎」は、「武黒一郎」がモデルです。

これは一部で、登場人物のほとんどに誰かしらのモデルがいます。

出典:産経ニュース 事故当時の東電・政府の関係図

9年前だけに、様々な事情があって創作されているようです。

観客の想像によってリアルさが際立ちます。

ちなみに事故で名前が知られた福島第一原発の「所長・吉田昌郎」のみ実名で登場。

既にお亡くなりになり、ご家族の同意もあって実名登場になったそうです。

渡辺謙・佐藤浩市の圧倒的な存在感

出典:映画.com

映画『Fukushima 50』の主役は、佐藤浩市が演じる伊崎利夫。

福島第一原発1・2号機の当直長を演じています。

渡辺謙は福島第一原発の所長・吉田昌郎を演じています。

所長役の渡辺謙が主役に見えますが、実は違って、より最前線にいた当直長が主役

映画では当直長のいる中央制御室と、所長のいる免震重要棟が交互に登場します。

この2人はそれぞれに奮闘。

当直長は原発を目の前に、部下に次々と命がけの命令を下しますが、暴走を止められません。

一方で所長は、事故の収束に動こうにも、東京本店や政府の無理難題に怒り爆発。

どちらも声を張り上げて戦う姿が印象的でした。

特に印象的だったのが、後半にある2人の食事シーン

思わず笑ってしまうブラックジョークを言いながら、休憩する様子に感動しました。

渡辺・佐藤の息のあった演技に見応え充分です!

脇役からエキストラまで演技が泣ける

出典:映画.com

映画『Fukushima 50』で印象的なのは、渡辺謙・佐藤浩市だけではありません。

原発事故に対応する、多くの原発職員が登場します。

それぞれにドラマがあって、泣ける展開の連続です。

印象的だったのが、火野正平が演じる管理グループ当直長・大森久夫

率先して危険な現場に向かい、大変なときでもユーモアを忘れないキャラが良かったです。

「危険な現場に、若い作業員は行かせられない。」

このルールによって、様々な葛藤が現場で渦巻きます。

この年齢ルールは実際にあったそうで、ベテランから危険な現場へ。

死ぬかもしれない現場で躊躇する人もいましたが、泣きながら現場へ行く人もいました。

彼らの勇気があって、今の平和があることをつくづく実感します(TT)

当時を思い出す恐怖の映像表現

出典:映画.com

映画『Fukushima 50』では原発事故を本物並みに再現されています。

室内シーンが多いですが、免震重要棟や中央制御室は東京・大映スタジオで撮影。

ニュースやドキュメントで見た光景が、映画でも違和感なく登場します。

美術は映画『キングダム』で古代・中国を作り上げた瀬下幸治

現役の原発職員が太鼓判を押したほど、完璧なセットでした。

また大津波や原発の爆発など、スペクタルシーンを手掛けたのは三池敏夫

映画『シン・ゴジラ』など、特撮やVFXで著名なアーティスト。

津波シーンは恐怖を覚えるほどリアル。

冒頭から生きた心地のしないシーンの連続で、辛くて観られない人がいると思います。

当時は撮影出来なかった緊迫の瞬間に、眼を見張ります。

久々に観られた本気の日本映画

出典:公式サイト

映画『Fukushima 50』のような社会派作品って、日本ではなかなか観ないですよね。

それも原発事故という、デリケートな題材は作りたくても作れない事情があると思います。

そこを乗り越えて作った角川映画は、さすが!としか言いようがありません。

久しぶりに見応えのある日本映画。

多くの人に観てもらいたいです♪

映画『Fukushima 50』の口コミ・評価

『Fukushima 50』はSNSでも評判になっています。

映画『Fukushima 50』の関連作品

映画『Fukushima 50』面白かった!

そんな方なら楽しめる作品をピックアップしました。

一部は動画配信サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」でフル動画を配信中です。

映画『沈まぬ太陽』(2009年)

created by Rinker
東宝
¥6,655 (2020/04/07 14:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

監督・若松節朗&主演・渡辺謙、山崎豊子のベストセラー小説を映画化

日航ジャンボ機墜落事故を題材に、大企業のスキャンダルと奮闘する会社員を描いています。

様々な事情で映像化出来なかった作品を、角川がついに映画化!

映画『Fukushima 50』に繋がる、骨太の作品です♪

映画『希望の国』(2012年)

created by Rinker
松竹ホームビデオ
¥2,400 (2020/04/07 14:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

監督・園子温、原発事故に翻弄される家族のヒューマンドラマ

日本の架空都市で原発事故が発生。

その影響で強制的に避難を余儀なくされる中、抵抗する老人がいた。

実際の避難者をモデルに、事故で人生を狂わされた人を生々しく描いています。

今も多くの人が避難している中、被災者のやりきれない気持ちが伝わってきます。

映画『許されざる者』(2013年)

created by Rinker
¥199 (2020/04/07 14:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

渡辺謙&佐藤浩市が共演、監督・李相日の時代劇。

明治の日本を舞台に、貧困の家族を養えなくなった元殺し屋が、再び殺しに手を染める。

原作はクリント・イーストウッドの同名作品。

渡辺が人斬り十兵衛を演じ、佐藤は村を支配する悪徳警官を演じています。

緊張感あるストーリーに、悲しみを背負った登場人物たちが魅力的。

ラストにある、渡辺と佐藤の一騎打ちはオススメです!

ドラマ『チェルノブイリ』(2019年)

チェルノブイリ原発事故を描いた海外ドラマ。

全5話のミニシリーズ作品で、舞台はウクライナですが英語で展開されています。

事故の全貌と、もみ消しに走る当時のソ連政府に恐怖を感じる内容。

事故収束のために動員され無残に死んでいく、何千人の作業員。

危険な事故と聞かされずに、大切な人が次々と亡くなる民間人。

おぞましいシーンが多く、『Fukushima 50』以上に見るには勇気がいる作品です。

【予想】映画『Fukushima 50』フル動画が見られる配信サイト一覧

映画『Fukushima 50』フル動画の配信時期は未定です
※発表があり次第、更新します

動画配信サイト名 『Fukushima 50』の配信ステータス
U-NEXT
Amazonプライム
Hulu
Netflix
FODプレミアム
dTV

※各動画配信サイト名をクリックすると公式サイトに移動します
※当ブログは2020年3月2日時点でのサービスに基づき作成

【予想】映画『Fukushima 50』を見るならユーネクスト

映画『Fukushima 50』フル動画の配信時期は未定です
※発表があり次第、更新します

無料体験はこちらをクリック

動画配信サイト「ユーネクスト」なら、初回特典で映画『Fukushima 50』を無料で見ることができます!

ユーネクストの特長
・見放題作品が31日間無料で視聴できる
・初回登録で600円分のポイントプレゼント
・1,200円分のポイントが毎月もらえる
・最新作から名作まで、140,000本以上を配信

順番に解説しますね。

ユーネクストは見放題作品を31日間無料で視聴できる

無料体験はこちらをクリック

ユーネクストに会員登録すると、初回登録から31日間のみ無料でサービスが利できます。

この期間中は、配信されている映画・ドラマなど140,000本以上の作品が見放題です。

期間内に解約すれば料金は発生しません!

ユーネクストなら初回特典で600円分ポイントプレゼント

無料体験はこちらをクリック

初回特典は無料期間と合わせて、600円分のポイントが無料でもらえます。

ユーネクストでは最新作などの一部作品が課金制ですが、1作品500円未満。

どんな作品でも、1本は無料で観ることが出来ますね。

ユーネクストなら毎月1,200円分のポイントがもらえる

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

無料期間が終わったら、有料会員になり月額制になります。

ここで嬉しいのが、有料会員になると毎月1,200円分のポイントが無料でもらえることです。

自分でポイントをチャージ(購入)する必要がなくなりますね。

このポイントを利用すれば、毎月新作を観ることができますよ!

ユーネクストは品揃えが豊富

無料体験はこちらをクリック

ユーネクストでは、名作映画から最新作まで、バランスよく配信されています。

ジャンルも洋画・邦画・ドラマ・アダルトとさまざまあって、飽きることはないですね。

動画以外にも書籍が読み放題なので、他のサイトよりお得感もあります。

またコンテンツの配信期間が、きちんと明記されていているのが嬉しいです。

サイト選びで失敗したくないと強く思う人にはオススメですよ♪

動画配信サイト「ユーネクスト」で31日間無料お試しはコチラ

ユーネクストの詳しいサービス内容

別のブログで、ユーネクストのサービス内容や登録・解約方法をまとめています。

無料お試しはいつ終わるか分からないので、お早めにご利用ください♪

ユーネクストで映画『Fukushima 50』を鑑賞するときの注意点

ユーネクストでは、作品ごとに配信期間が設定されています。

その配信期間を過ぎてしまうと、もう観ることは出来ません。

ユーネクストでは配信期間を公開しています。

今日、配信されていても、明日、配信されているかは保証できません。

そのため映画を観たいと思ったら、早めの登録・鑑賞をオススメします!

【予想】映画『Fukushima 50』をDVDレンタルするならTSUTAYA DISCAS

無料体験はこちらをクリック!

動画配信サイトは手軽で便利ですが、高速インターネット環境が必要になります。

ネット環境に依存せず、映画『Fukushima 50』だけを観たい方にはDVDレンタルをオススメします。

わざわざ借りに行くのは面倒くさい!

そんな方にはTSUTAYA DISCAS〈CD/DVDの宅配レンタルサービス〉がオススメです!

TSUTAYA DISCASの特長
・スマホで予約が可能
・返却はポスト投函でOK
・今なら30日間無料お試しできる

スマホで観たい作品をピックアップし注文すると、DVDなどで自宅に配達されるサービスです。

こちらも定額サービスのため、基本的に何枚でも借り放題!

定額リストに気になる作品を登録しておけば、在庫状況に応じて勝手に送られてきます。

入会金・送料・延滞金が0円なので、安心して利用することができますね。

今なら初回のみの30日間無料お試しキャンペーンを実施しています。

ちょっとでも気になったら、1ヶ月だけ利用してはいかがでしょうか♪

DVDレンタル「TSUTAYA DISCAS」30日間の無料お試しはコチラ

まとめ:映画『Fukushima 50』は、久々に観られた本気の日本映画

・映画『Fukushima 50』の見どころは、
リアルな映像表現と希望を感じさせるストーリー

・動画配信サービスでの、配信時期は不明

動画配信サービスのオススメはユーネクスト

以上になります。ステキな映画ライフを♪

※このブログは2020年3月2日時点でのサービスに基づいて作成しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました