【レポート】「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」に行ってきた【チケット&グッズ情報・展示写真あり】

オススメ映画まとめ
出典:特撮のDNA

「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」に行ってきました!

※以下、「特撮のDNA展」と呼ぶ

この展示会は、1995年~1999年に製作された怪獣映画・ガメラを中心としたイベント

いわゆる「平成ガメラシリーズ」や、製作の大映が手掛けた怪獣映画で使用された、着ぐるみなどの展示が行われています。

平成ガメラ4Kデジタル復元版 Blu-ray BOX

ゴジラに匹敵する人気をほこるガメラですが、その人気は特撮ファンが中心で世間的な認知度は低い印象。

私も「平成ガメラシリーズ」は好きな映画でしたが、舞台裏まで詳しく知りませんでした。

そんな私にとって今回、開催された特撮のDNA展は新しい発見の多い貴重な体験になりました!

ガメラを知らない人でも、迫力ある展示物に圧倒されると思う内容です☆

このブログでは、「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」の気になる内容をレポートしたいと思います!

最後までお付き合いください。

平成ガメラシリーズって何?って方はコチラ

特撮のDNAとは?

「特撮」と聞けば、子どもたちばかりでなく、つい興奮を覚えてしまうオトナも多いはず。それは、映画やテレビに繰り返し登場し、私たちの心をとらえて離さなかった怪獣やヒーローたちの記憶と密接にリンクしているからにほかなりません。彼らに憧憬して育った現代日本人の体内には、いつしか特撮のDNAが芽生えていたのです……!

「特撮」——この夢の技術を日本映画に初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二です。円谷の薫陶を受けた面々は、ミニチュアや着ぐるみを駆使した独自の撮影手法を編み出し、実写と見まごうばかりの空中戦から巨大怪獣のバトルまで数多の名シーン、名キャラクターを世に送り出しました。彼らが築いた技術と尽きることのない情熱は、デジタル全盛となった今も、若い世代へと確実に受け継がれています。

本展は、「特撮の技術」とその「継承者たち」にスポットをあて、まだ見ぬ世界を具現化し、空想と現実の境界を軽々と飛び越えた特撮マンたちの仕事を展観します。

脈動し続ける「特撮のDNA」を、ぜひこの機会に体感してください。
出典:「特撮のDNA」公式サイト

「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」の概要

【会期】
2019年12月13日(金)〜2020年1月26日(日)

【休館日】
2019年12月31日(火)2020年1月1日(水)1月11日(土)

【開催時間】
11:00開場〜19:00閉館 ※土・日・祝日は10:00開場 ※最終入場18:30 ※最終日、2020年1月26日(日)は最終入場16:30/17:00閉館

【会 場】
日本工学院専門学校「ギャラリー鴻」(大田区西蒲田5丁目23-22 学校法人片柳学園 12号館)

【入場料】
一般:1,800円/学生:1,500円
大田区民割引:1,100円(在住者・在勤者)/65歳以上シニア割引:1,100円 ※小学生以下のお子様は入場無料 ※料金は消費税を含みます ※学生は学生証の提示が必要です。(大学生・専門学校生・高校生・中学生) ※割引券の購入には在住・在勤・年齢を証明する身分証の提示が必要です

詳しくは公式サイト

【映画料金と一緒】「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」のチケット

チケットは前売り券と当日券の2種類のみ。

前売り券はインターネット注文のみの受付で、既に販売終了しています。

会場入口で当日券が購入できますので、フラッと立ち寄れるレベルです。

会場は広くもなければ、狭くもなくという印象。

展示物が多く、そして大きいため、入館者が多い場合は狭く感じると思います。

ゆっくり見たい&写真を取りたい人は、平日に行くことをオススメします!

ちなみに館内での写真撮影OK!
SNSに掲載してもOKだそうです。

こういうの嬉しいですよね♪

【感動と衝撃】「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」のレポート

会場の入口~出口まで、順に振り返っていきたいと思います!

入り口はこんな感じ。

会場は日本工学院専門学校の「ギャラリー鴻」になり、ギャラリー前に巨大なポスターがありました。

建物に着いてしまえば、入り口目の前が会場なのですぐ分かると思います。

入り口で当日券の購入、または前売り券の提示。

前売り券特典は、受付で受け取れるそうです。私は気づいたら前売り券の販売期間が過ぎていて、泣く泣く諦めました。。。

会場に入ると展示室は奥へ奥へとつながっていて、グッズ販売は受付前で行われていました。

グッズ購入のみでも入場券が必要なので、気をつけましょう!

展示内容は下記の順番でした。

ガメラ1→ガメラ2→ガメラ3→小さき勇者たち→大魔神&大映作品→フォトスポットコーナー&上映コーナー

展示は基本的に製作年ごと時系列ごとで分かりやすかったです。

順番に見ていきましょう。

映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』コーナー

受付を過ぎると、目の前にガメラ出現!!!

吊るされている感じが、いかにも撮影用スーツ(着ぐるみ)という感じで良いですよね(^^)

特撮は基本的にスーツに俳優が入り演技をしますが、シーンによってミニチュアサイズや、顔や腕のみのパーツのみで撮影することもあります。

今回の展示会ではスーツと合わせて、撮影に使用された様々な怪獣の品が展示されていました。

平成ガメラシリーズでキーアイテムになる勾玉もありました!
美しい・・・

樋口真嗣・特技監督が使用した台本まであります!

印象的だったのが、東京タワーで陣取るギャオスの遠景用立体があったこと。

ガメラ1を象徴するシーンなだけに、本物を見ることができて良かったです!

映画『ガメラ2 レギオン襲来』コーナー

ここにもあります、ガメラ2用の撮影用スーツ!

ガメラ1よりも表情が凛々しくなっていて、カッコいいですね。

飛び方もガメラ2から、ウミガメをモチーフ?にヒレを伸ばす姿勢になっています。

ヒレのさきっぽに爪があるとは知らなかったです。

映画エンディングでガメラが放つ、ウルティメイト・プラズマの撮影備品も展示されていました!

そして衝撃的だったのがレギオン

子供時代に映画を観てトラウマになったソルジャーレギオンが、そのままの状態で展示されていました。

あまりのリアルさに気持ち悪かったです。。。笑

ある意味、巨大レギオンよりガメラを苦しめたソルジャーレギオン。

関連備品が多数展示されていて、これだけで大満足でした!

映画『ガメラ3 邪神覚醒』コーナー

ガメラ3の撮影用スーツが、これまでのスーツにない存在感で見参!

ここまでくると、生物色も強く凶暴さが増しているのが分かります。

その対極には、敵怪獣イリスも展示されていました!

どの展示にも言えますが、映画だと一瞬しか映らない細かなところまで作り込まれているのが分かります。

イリスの表皮も筋肉がむき出しのような状態、そして鋭く尖った腕や触手は恐ろしさを感じさせます。

その他、撮影用のひな形や小道具が展示されていました。

ガメラの墓場も展示されていましたよ!

映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』コーナー

平成ガメラシリーズではない、独立したガメラ映画。

撮影用スーツを見ての通り、子供向けに柔らかい姿・表情になっていますね。

ギャオスも昭和版のデザインに戻った感じでした。

平成ガメラシリーズと比べて影が薄い作品ですが、作り手の愛が感じられました。

映画『大魔神』&大映作品コーナー

ここからは大映が生んだ特撮映画の歴史を紹介するコーナー。

映画『大魔神』シリーズをはじめ、今まで知らなかった特撮映画の資料が展示されていました。

当時販売されていたフィギュア宣伝用のポスターやスチールまで、時代を感じられて興味深かったです。

昭和ガメラと平成ガメラを見比べると、特撮技術の進化を肌で感じる事ができます。

個人的に掲示されていた、映画『宇宙人東京に現わる』という作品が気になりました。

宇宙人と言うかヒトデだけど 笑

大映の特撮映画は、恥ずかしながら平成ガメラ以外は観たことがありません。

調べたらなんと、Amazonプライムの有料チャンネル「シネマコレクション by KADOKAWA」で配信されていました!

このシネマコレクションなら、14日間の無料体験・無料体験後は月額¥396で昭和ガメラや大魔神など歴代の特撮映画を観ることができます。

これをキッカケに観てみようと思います!

Amazonプライム「シネマコレクション by KADOKAWA」 の詳細はコチラ

フォトスポットコーナー&上映コーナー

フォトスポットコーナーでは、ガメラとギャオスが空中を飛んでいる様子をジオラマで再現。

手持ちのカメラで思い思いの構図から、特撮シーンを撮影することが出来ます。

すごく面白いのですが、いい写真を取るにはポジション取りが大事だなと思いました。

ギャラリーが多いと映り込みなどで思い通りの写真が撮れない可能性があります。

タイミングを見計らって撮影しましょう!

上映コーナーでは、平成ガメラシリーズに携わったスタッフのインタビューが上映されています。

全部は見ていませんが、1インタビューにつき20~30分くらいでした。

座席もありますが、大きいソファー席が2つくらいで基本的に埋まっています。

立ち見の可能性もありますので、鑑賞は無理をせずってところですね。

グッズ販売コーナー

グッズ販売は出入り口にあります。

本イベントのパンフレットや資料集、ガメラ作品のDVD&ブルーレイやフィギュアなどが販売されていました。

残念ながら、写真を撮り忘れてしまいました^^;

そんな中で存在感を放っていたのが、プライム1スタジオが販売する『ガメラ3邪神<イリス>覚醒』版のガメラフィギュア!

全世界500個限定の品で、お値段99,900円(税別)!!!

欲しいけど高すぎる・・・そんな方向けに49,900円(税別)のモデルも販売されているようです。

それでも十分高いですが、フィギュアは圧倒的な完成度です。

気になる方は公式サイトへ!

まとめ:「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」に行こう!

最初から最後まで大満足な展示会でした(^^)

ゴジラが世界的な人気になっている今、日陰の存在になっているガメラがこうして表舞台に帰ってきたことが、まず嬉しいです!

今では特撮もCG全盛で何でもパソコンで作れちゃいます。

でも日本が生んだ特撮技術でも、平成ガメラシリーズのように色褪せることのない迫力を与えてくれます。

今回、展示されていた着ぐるみ(スーツ)やミニチュアは、控えめに言っても芸術品です。

芸術品と言えるほど素晴らしい出来栄えで、まさしく「本物」

映画では味わいきれない本物の良さを、この特撮のDNA展で多くの人に実感してほしいと思います!

以上になります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました