『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の関連作品を知りたい!ハリウッド版『GODZILLA(1998年)』の解説と、おトクに鑑賞できる動画配信サイトをご紹介!

ハリウッド版ゴジラ第2弾、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開されますね!

そこで今回は元祖ハリウッド版ゴジラである、1998年に公開された映画『GODZILLA』をご紹介したいと思います。

今作は1984年から続いていた「平成ゴジラシリーズ」が終了して間もないタイミングで製作されました。

それまでのゴジラと比べて設定や姿かたちがまるで違うことに、多くのゴジラファンにトラウマを残した衝撃作品として語り継がれています。

日本とハリウッドで怪獣(モンスター)に対する考え方の違いや、エンタテイメント作品としての完成度は一見の価値があるのは確かです。

でも「これはゴジラじゃない!」と思わざるを得ません 笑

このブログでは映画『GODZILLA』のレビューと、最後におトクに鑑賞する方法を教えます。

最後までよろしくです!

映画『GODZILLA』のあらすじ

ジャマイカ沖で巨大生物の被害を受けたとみられる日本漁船が発見され、やがて雨のニューヨーク湾に怪獣ゴジラが上陸。マンハッタンのビル街を破壊して姿をくらますが、生物学者のニックはゴジラがニューヨークに巣を作ろうとしていることを察知して…。(ユーネクストより抜粋)

Godzilla – Trailer

映画『GODZILLA』のレビュー【怪獣映画としては100点、ゴジラ映画としては0点】

ゴジラ映画は昔からハリウッド版製作の企画が、出たり無くなったりを繰り返してきた経緯があります。

古くは1970年代から企画が持ち上がり、1990年代には監督を抜擢してゴジラの造形まで製作されていたそうです。

その監督とは「ヤン・デ・ボン」という、映画『スピード』といった永年アクション映画を世に送り出してきたヒットメーカー。

日本と同じ着ぐるみでの撮影にこだわってようで、それがスタジオ側と対立を招き企画もろとも降板したそうです。

その時の造形案が公開されていますが、かなり日本のゴジラと似ていますね。

ローランド・エメリッヒ監督によるモンスターパニック映画

そして今作にバトンが渡されたのが、映画『インデペンデンス・デイ』で監督を努めたローランド・エメリッヒ。

彼の作品を観たことあるなら分かるように、宇宙人侵略や地球が氷河期になる等、とにかく壮大なスケールを描くのが好きな監督です。

そのため映画『GODZILLA』も、徹底的に巨大な生物にニューヨークが大パニックになる様をこれでもかと描いています!

映画『GODZILLA』の100点ポイント

・日本版ゴジラよりリアルで迫力がある

・軽快なストーリーで飽きさせない

・ジャン・レノがカッコいい!

これが今回のゴジラです。

明らかに日本のゴジラより細くて、あまり似ていないですよね。。。^^;

これは今作でゴジラの元となる生物がイグアナという設定だからです。

その時点で日本のゴジラと、かなり差別化が図られていることが分かると思います。

このデザインはゴジラの権利を所有する東宝も最初ビックリしたそうで、賛否ありながらも「新しいゴジラ」に期待してゴーサインを出したそうな。

背びれを日本と同じ3ラインに統一しろとだけ注文したようです。

ゴジラの特徴として新しいのが、「早く走れる・マグロが好物・卵を生める」ことです。

ゴジラはアメリカ軍が仕掛けた、大量のマグロの餌を用いたおびき出し作戦に引っかかります。

しかしマグロをゲットした瞬間に攻撃が始まると、瞬時に走り去りアメリカ軍を翻弄します。

その映像は3DCGとミニチュアを融合した迫力ある映像で、日本の特撮では表現できない迫力です。

人間とゴジラの大きさの対比やカーチェイスや水中での戦闘など、それまでのゴジラ映画では表現しきれなかったことが沢山描かれていて、日本とハリウッドの力の差を感じさせますね。

またゴジラは卵を生みます。

日本のゴジラではなかった、直接的な子孫の繁栄を試みた展開ですね。

しかも卵は1個ではなく何百個とあり、生まれたベビーゴジラはとてつもない凶暴さを発揮します。

それまであったゴジラの常識を打ち破った衝撃は、伝説化していると思えてなりません。

そしてストーリーですが、日本の子ども向け・家族向けから逸脱して大人が楽しめるエンタテイメント作品として仕上がっています。

主人公のニック(男性)

冒頭はフランスが行った核実験のドキュメント映像からスタート。

生息していたイグアナが放射能を浴びる姿は、ゴジラに通じる核の脅威を描いています。

それから何十年と経過した現代で、漁船が次々と何者かに襲われ遭難する事件が発生。

その事件現場がどんどんニューヨークまで近づいてきます。

映画『ゴジラ(1984年)』にようにシリアスに描くこともできる展開ですが、今作では暗くなくテンポよくストーリーが進行していくため気持ちよく観ることができます。

それは登場人物のキャラ設定画大きいですね。

主人公のニック(マシュー・ブロデリック)は、恋に奥手な生物学者。

ミミズの研究をしていたことから、「ミミズ男」とからかわれたりするドジキャラです。

そんな普通の科学者であったニックがアメリカ軍にスカウトされ、ゴジラ対策にあたります。

その展開がワクワクするし、終盤でみせる活躍は観ていて爽快的です。

またニックを取り巻くキャラたちも個性豊かで、日本のゴジラ映画にはない軽いタッチが魅力ですね。

特にカメラマンのビクター(ハンク・アザリア)が特ダネ欲しさにゴジラを撮影するシーン。

撮影に夢中になりすぎ、ゴジラに踏み潰されそうになる姿はハラハラ・ドキドキで面白いですよ♪

そしてゴジラに負けない魅力を発揮しているのが、フランス人工作員を演じたジャン・レノ!

終始ミステリアスな行動でゴジラを調査し、ニューヨークではアメリカ軍を盗聴したり大量の武器を持ち込んだりと謎すぎる人物を渋さMAXで演じています。

軽快なストーリーな分、ジャン・レノがいることで作品が締まるので飽きさせない特効薬な存在ですね。

ラストで雨に濡れながら去っている後ろ姿は、男なら鳥肌モノです!

ジャン・レノ渋い!

映画『GODZILLA』の0点ポイント

・ゴジラじゃない

もうこれだけですね、これ以上言うこともないです 笑

ゴジラの出生の設定も姿かたちも、これまでと違って愛着が持てません。

またエンディングのゴジラはご法度ものであり、多くのファンを失墜させました。

『GODZILLA』というタイトルでなかったら、ここまで叩かれる作品はなかったのに勿体無いですね。

ただ映画『GODZILLA』は当時、世界で4億ドルの大ヒットを記録しました。

2014年のハリウッド版『GODZILLA』までその記録は破られず、そういう意味では歴代ゴジラの中でかなりのヒット作に入ります。

今では存在自体をなかったことにされている映画『GODZILLA』、ゴジラと認めて良いのかあなたの目で判断してみてください。

映画『GODZILLA』をおトクに鑑賞する方法

映画『GODZILLA』は既にDVDの購入やレンタルが可能ですが、せっかくなら早くお得に鑑賞したいですよね!

そこでオススメしたいのが、動画配信サイト『U-NEXT(ユーネクスト)』での鑑賞です。

U-NEXT(ユーネクスト)とは?

日本最大級の動画サービスです。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!

動画に関わらず、本や漫画の配信も行っているため、あらゆるエンターテインメントに簡単にアクセスすることが可能です。

外国映画ですと、アート映画からディズニー映画まで。

もちろん日本映画もありますが、映画に関わらず国内ドラマからNHKの情報番組まで幅広くあります。

2019年1月末時点で、見放題作品90,000本、レンタル作50,000本。

日々コンテンツ数は増えているため、まず飽きることはありませんね。

またU-NEXT(ユーネクスト)をオススメする理由は、他にもあります。

・見放題作品が31日間無料で視聴可能

U-NEXT(ユーネクスト)では、会員登録をしますと1ヶ月間無料でサービスを利用することができます。

この1ヶ月間、見放題の映像作品や本・漫画はアクセスし放題なので、この機会に好きな作品や気になっていた作品があればチェックしましょう♪

また見放題と別に、別途ポイントを利用して有料レンタルすることが出来る作品もあります。

この場合は、新着作品や人気作品ですね。

作品によりますが、大体1作品500円くらいです。

わざわざレンタルに行くくらいなら、サクッとU-NEXT(ユーネクスト)でレンタルしたほうが楽でしょう。

・600円分のポイントプレゼント

これが会員登録で一番のおトクなメリットですね。

はじめての会員登録ですと、無条件で600円分のポイントがもらえます。

つまり有料の映像作品を1本、無料で鑑賞できることになります。

映画『GODZILLA』は期間限定で、見放題作品として配信中です!

配信サイトのデメリットとして、配信期間が未定で気がつくと有料作品になっていたり配信終了になっていたりします。

まだいいやと思わず、配信されていたらすぐに観ることをオススメします!

このサービスを利用して映画『GODZILLA(1998年)』に限らず、U-NEXT(ユーネクスト)を通じて様々な作品に触れてみてはいかがでしょうか♪

まとめ

・映画『GODZILLA』は賛否が分かれるシリーズ最高の問題作!

・映画『GODZILLA』を鑑賞するならU-NEXT(ユーネクスト)

・期間限定の配信だから急いで観て!

素敵な映画ライフを♪

U-NEXT

※このブログは2019年5月30日時点でのU-NEXT(ユーネクスト)サービスに基づいて作成しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました